2010年06月22日

川柳

ああ無情 嵐の前の 静けさよ

天の原 岩と成り鳴る 日本晴れ

満つる月 水面に映る かぐや姫

人はみな 天に輝く 七つ星

二羽の鳥 曙の子よ 時近し

満月の 夜に華咲く 胸の華

静かなる 暗闇の中 光あり

満月の 光を浴びる 鱗雲

鱗雲 かかりて光る 朧月

月明かり 照らす手元に 筆置きて

遥かなる 雲の彼方の 甕星よ

夜が明けて 岩戸も開ける 御来光
posted by 武者姫 at 16:47| Comment(2) | 川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なにも考えず読んでたら
うっ…となって
とても泣けてきました。
Posted by kei at 2016年07月29日 17:06
なにに反応したのでしょう


鱗雲
甕星

わからん。。

アンドロメダかもしれません
Posted by kei at 2016年07月29日 17:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。